内祝いのマナー|喜んでもらえる結婚内祝いを贈ろう【人気の内祝いアイテム】

内祝いを贈る上で大切なマナー

内祝いのマナー

贈り物

贈る時期を考える

内祝いを贈る際には、贈るタイミングをきちんと把握して贈らないと相手に不愉快な気持ちにしてしまう可能性も十分にあります。ですから、内祝いを贈る時には、贈るべき時期やポイントを押さえておく必要があります。

理想的なタイミング

内祝いで贈るタイミングとして、お祝いをいただいてから約1ヶ月以内が理想的だと言われています。しかし、結婚での準備などで内祝いを用意するのも大変だと思うご家庭も多いです。もしも、理想的なタイミングで贈れそうにないのなら、遅れるとの言伝とご祝儀の感謝を手紙に記して、ご祝儀を頂いたご家庭に送るといいでしょう。

贈る相手が同僚や上司

職場関係は、内祝いを贈る上の優先順位として高めに設定しておきましょう。職場関係者は日常的に会う可能性が高いです。そのために、必然的に会話することも多くなります。特に上司にはマナーとして、直接お礼を伝えた後に「後日改めて、ご挨拶させていただきます。」と申し添えておきましょう。それだけでも、上司からの印象はかなりいいはずです。

広告募集中