結婚内祝いでの注意点|喜んでもらえる結婚内祝いを贈ろう【人気の内祝いアイテム】

結婚内祝いを贈る際のチェックポイント

贈る際に注意

結婚内祝いは基本的に頂いたら喜んでもらえることが多いです。しかし、結婚内祝いの届け方やタイミング、相場を間違えてしまうとかなり相手に不愉快な思いをさせてしまうこともあります。そうならないためにも、結婚内祝いでの注意点を押さえておきましょう。

気を付けたいマナー

お礼を伝える

祝いの品を貰った際には、必ず本人、ご家庭にお礼を伝えておきましょう。一般的にはお礼状を出すことかお礼の電話をすることが多いですが、直接お礼を伝えれるのなら直接お礼しに行くことがベストです。

地域の習慣に合わせる

結婚内祝いで見逃しやすいのですが、地域の習慣に合わせることも大変、重要になってきます。親戚や友人など地域の習慣が行き渡っている場合には、その時期に合わせておくべきでしょう。地域の習慣に合わせて贈ることで相手の印象も確実にアップすること間違いないです。

贈るタイミングは早すぎずに

結婚内祝いが遅すぎるのはあまり良くないですが、逆に早すぎてもダメです。早く結婚内祝いを贈ってしまうと、相手からはお祝いを期待していたと考えられてしまうこともあります、もちろん、お祝いが結婚式よりもだいぶ前に届いたなら結婚式よりも早くお返しするのはOKです。

手渡しか配送か

基本的に結婚内祝いでは配送は認められています。しかし、結婚内祝いをとは本来、直接相手にお礼するのと同時に贈る品です。ですから、ご自身が行ける範囲であれば直接、手渡しする方がいいでしょう。

年内にギフトを贈ろう

年を越してしまうと、結婚内祝いとしては遅いという印象になってしまいがちです。出産が年末であった場合には、新年の挨拶と一緒に内祝いを贈ることもOKですが、相手から遅いと思われないためにも年内に贈れるようにしておきましょう。

結婚内祝いでの注意点

ウェディング

高価なものはNG

結婚内祝いで贈るギフトを選ぶ時に気を付けたいのが、商品の値段になります。結婚内祝いを貰った方の中には、ご自身が贈ったお祝いよりも高価だという理由で不愉快な気持ちになっている方もいます。当然、あまり安すぎるのも失礼になりますが、高価なギフトを贈るのはやめておくべきでしょう。

挨拶状やカードの有無

祝いを頂いた際には直接お礼を言うことが理想的ですが、遠く離れたところに住んでいる親族やご友人にはなかなか挨拶するのは難しいことでしょう。だからこそ、結婚内祝いと一緒に挨拶状や感謝の気持ちを書いたカードなどを同封しておくべきです。挨拶状やカードの有無で、お相手からの印象は大きく変わってきます。

ギフトにこだわり過ぎない

結婚内祝いを選び方として、ギフトにこだわり過ぎないことも大切です。特にご自身のセンスで雑貨や小物を選ぶのは失敗のもとになります。ご自身では、満足できるギフトでも相手には合わないという可能性も十分にあります。もしも、ギフトの選び方に悩んでいるなら、通販で人気のアイテムを購入することをおすすめします。

広告募集中